ゆかた・・・・・

ゆかた
浴衣

季節柄よくみかけますね
でもね・・・・
な~~~んで昼間から着てるんだ~~~~~~~~~~~~~
若~~~~い子ならまだ話はわかる。ファッションとしてだからね。(気に入らないけど)
いい年したおばさんが買い物の時に着てるなんて・・・
ちょっと∑(O_O;)Shock!!
普通は入浴後に着るものじゃないのかぁ?

てことで、ちょっと起源を調べて見たですよw
ちょと長いけど(; ̄ー ̄A アセアセ・・・


浴衣(ゆかた)は和服の一種である。

安土桃山時代頃から、湯上りに着て肌の水分を吸い取らせるための「湯帷子」(ゆかたびら)という衣類がひろく用いられるようになり、これが江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種となった。「ゆかた」の名は「ゆかたびら」の略である。

通常は、木綿地の単物で、和服のなかでも最も簡便かつ単純な構造である。着用の場合には、素肌の上に直接着るか、もしくは用いても和装用スリップや肌襦袢程度であり、生地が薄く、開放的で風通しがよいことから、もっぱら湯上り、あるいは寝巻きとしての用途が主である。また、男子は三尺帯、女子は半幅帯で着るのが古風であるが、明治以降兵児帯(へこおび)が流行したこともあって、これを用いることもある。

元来が略装の最たるものであるから、浴衣で出かけられるのは気取らない場所にかぎり、この格好で人と会うのは失礼とされる。現代の日本の生活で浴衣が用いられるのは、主に花火・縁日・盆踊りなどの夏の行事であり、着ているのは大半が若い女性である。温泉街は浴衣を着て下駄を履くのが雰囲気を出すのに重要として、浴衣着用を前提としたまちづくりをしてあるところもあり、また日本独特の風習として、旅館やホテルに寝巻きの代わりとして客用の浴衣が用意してある場合が多い。 また、日本舞踊などのお稽古着として使用されることもある。

浴衣はもともと白地の木綿を藍で染抜くのが原則で、柄も大胆なものが多かったが、近年では和服を着る唯一の機会が浴衣ということも多くなり、主に若い女性が購買層であることなどから、安価なポリエステルなどを用い、華やかな色合いと柄のものが人気を集めることが多い。

和服のなかでは比較的安価であることから、別誂えの反物を染めて歌舞伎役者などが贔屓への配りものとすることも多かったが、最近ではこうした風習も徐々に少なくなりつつある。

乞巧奠(きっこうてん)の慣習と織女祭に因み、日本ゆかた連合会により7月7日がゆかたの日と制定されている。



兵児帯(へこおび)とは日本で用いられる男帯の一種。

大幅(約74センチ)もしくは中幅(約50センチ)の一枚の柔らかい帯地をしごいて締める。 子供向け(男女兼用)の兵児帯は「三尺」の別名があり、色鮮やか。

名前の由来は、薩摩の若い男性を指す「兵児」(元は薩摩弁で褌(ふんどし)を指すが、褌を身につけても良い年齢になった若者のことも指す)から。 名前からも分かるとおり、薩摩の若者の普段使いの帯として生まれて、手軽に結べることから全国に広がった。
よく子供用の浴衣に使われていることが多いですねw
あとは男性かなw

はは^^;;;
めっちゃ長くなっちゃったガビーンΣ(б。б;ヽ)
でも浴衣っていい文化だと思うんだけどな~
うちは夜にしか着ないけどねw
[PR]
by aregura_t | 2006-08-11 13:07 | 徒然なるままに
<< た・・・たらいま~ そーいえば・・・・・ >>